導入事例

スマートプレートin佐原!!


NTT東日本さん、ニッポニアサワラさん(香取市佐原エリアの活性化支援に伴う全体マネジメントをされています)と一緒に、千葉県香取市佐原での新しいお取り組みがスタートしました!!

千葉県香取市佐原は、今でも江戸時代の街並みが残り、ユネスコ無形文化遺産に登録された伝統行事「佐原の大祭」が開催されているような観光地です。この佐原には、外国人観光客の誘致促進を更に図りたい狙いがある一方で、各施設で多言語対応ができる従業員が不足をしている、という課題がありました。そこで、佐原の宿泊施設でスマートプレートを使い、外国人観光客の旅ナカ体験をよりスマートに、便利にすることでさらなる誘致を図り、また宿泊施設スタッフの業務効率化、サービス品質向上を目指します。

きっとみなさんも、旅行先での体験として、欲しい情報が得られず、困った体験、あるのではないでしょうか。あまりよく知らない場所で土地勘もなく、その上言語が異なる海外、となるとなおのこと、情報が欲しいけど、簡単に得られない!ということありますよね。わざわざ、その国のアプリをスマホにインストールするのも面倒。こんな時、アプリレスで、今欲しい情報を即座にゲットできるスマートプレートが活躍します。

今回の佐原の宿泊施設では、スマートプレートを使った前述のお取り組みで、施設運営スタッフの常駐稼働を削減することができました。また、サービス品質の向上、業務効率化、コスト削減の観点はもちろん、マーケティングデータの蓄積が可能になる点も、スマートプレートを使うメリットです。宿泊客がスマートプレートから情報をゲットする毎に、いつ、どこで、どれくらい情報が見られているのか、どのような情報に宿泊客が興味を持っているのか、といったデータを取得できるので、今後のマーケティング活動に活用できます。

宿泊客のみなさまの体験をより良いものにし、かつ宿泊施設のサービス品質の向上に、スマートプレートが更に力を発揮できるよう、引き続きブラッシュアップして行きます!

https://www.wantedly.com/companies/spirals/post_articles/122736